よくある質問

 

 

・ 中国語入力に関する質問
   Q 中国語入力の方法が分りません。
   A 中国語入力は、次の項目をご確認ください。
      @ 中国語入力システムに切替えます。
          詳しくは中国語入力システムの切替え手順をご覧ください。
      A 入力項目に□(「中国語」と表示されたチェック項目)がある場合は、チェックを入れてください。

   Q 中国語入力を行って、Enterで確定させると文字化けしてしまいます。
   A 文字化けする場合、以下の可能性が考えられます。

       ・ 中国語入力システムへの切替えが正しく出来ていない。

          中国語入力システムの切替え手順を参考にしながら切替えを行ってください。


       ・ 環境設定の中国語フォントで正しいフォントが選択されていない。
          以下の方法でフォントを選択してください。
          @ 実習生管理メニューから【環境設定】を開きます。
          A 「中国語フォント」項目で、お使いの中国語入力ソフトに応じて
              以下のフォントを選択してください。
              ・ チャイニーズライター(CW)をお使いの場合
                 「CW−GB Mincho」もしくは「GB中国明朝」
              ・ 楽々中国語(cWnn)をお使いの場合
                 「OM中国GB明朝」

       ・ 入力項目の□(「中国語」と表示されたチェック項目)にチェックが入っていない。

          □にチェックを入れた状態で、入力を行ってください。

      ・ 繁体字で入力を行っている。

        中国語入力ソフトのツールバーに「繁」という漢字が表示されている場合は「繁」をクリックして

        「簡」という漢字に変更してください。

      ・ 対象項目が中国語入力に対応していない。

         対象の項目が中国語入力に対応していない場合、中国語入力は出来ません。

 

 

・ 実習生の入国・移行・出国に関する質問
   Q 実習生が入国したときの処理の仕方が分らない
   A 実習生の方が入国されたら、以下の手順で入国処理を行ってください。
      @ 実習生管理メニューから【申請書式】を開きます。
      A 【入国処理】を開きます。
      B 「データ入力」ボタンをクリックし、組合・受入機関を選択し入国された実習生の方の各項目を

          入力します。
      C 「確認」ボタンをクリックし、データを保存します。

   Q 技能実習2号へ移行した実習生が、チャイナくんでは1号として表示されます。
   A 実習生の方が2号へ移行されたら、以下の手順で移行処理を行ってください。
      @ 実習生管理メニューから【申請書式】を開きます。
      A 【在留期限入力】を開きます。
      B 「データ入力」ボタンをクリックし、組合・受入機関を選択し移行された実習生の方を表示します
      C 移行された実習生の「実習2号移行日」項目の「□ 実習2号に移行」にチェックを入れ

          下に2号移行日を入力します。
          在留期限・在留期間が未入力又は変更が必要な場合は、在留期限・在留期間も入力します。
      D 「確認」ボタンをクリックし、データを保存します。

   Q 実習生が帰国・行方不明・途中帰国・死亡したときの処理の仕方が分らない。
   A 実習生の方が帰国・行方不明・途中帰国・死亡されたら、

      以下の手順で出国処理を行ってください
      @ 実習生管理メニューから【申請書式】を開きます。
      A 【出国処理】を開きます。
      B 「データ入力」ボタンをクリックし、組合・受入機関を選択し、該当の実習生を表示します。
      C 該当項目にチェックを入れ、下に日付を入力します。
      D 「確認」ボタンをクリックし、データを保存します。

 

 

・ データ削除に関する質問
   Q 実習生を削除したい。
   A−1 実習生の方に関する書類データが未作成の場合

           @ 実習生管理メニューから【申請書類作成】を開きます。

           A 【実習生登録】を開きます。

           B 組合・受入機関を指定し、削除したい実習生を表示させます。

           C カーソルを削除してもよい実習生の行に移動させ、画面下の「行削除」ボタンを

               クリックして削除してください。

               この時「データが存在するため削除することは出来ません」というメッセージが表示される

               場合は、下記の手順で削除を行ってください。

           D 「確認」ボタンをクリックし、データを更新してください。

   A−2 実習生の方に関する書類データが作成済の場合

           実習生の方に関する書類データが作成済みの場合、「行削除」で削除しようとした時に
           「データが存在するため削除することはできません」というメッセージが表示されます。
           その場合は、以下の方法で削除を行ってください。

           ※ 実習生の削除を行うと、その実習生に関する書類のデータも削除されます。
               事前にバックアップを行ってから、削除を行ってください。


           @ 実習生管理メニューから【マスタ保守業務】を開きます。
           A 【データ削除(実習生)】を開きます。
           B 削除したい実習生を表示させます。
           C 一番右側の「削除」項目の×をマウスの左でクリックして、○にします。
               この時、削除したい実習生のみ○にしてください。
           D 「確認」ボタンをクリックし、表示されたメッセージの「はい」をクリックします。
               この時、2回確認のメッセージが出るので、どちらも「はい」をクリックします。

   Q 受入機関を削除したい。
   A−1 受入機関に関する書類データが未作成及び、実習生登録が未登録の場合
           @ 実習生管理メニューから【マスタ保守】を開きます。

           A 【機関マスタ】を開きます。

           B 画面左下の「削除」ボタンをクリックします。

           C 組合を指定し、削除したい機関を表示し「削除」ボタンをクリックします。

           D 「確認」ボタンをクリックし、表示されたメッセージの「はい」をクリックします。

               この時、「実習生マスタが存在するため削除することは出来ません」というメッセージが

               表示される場合は、「Q 実習生を削除したい。」の手順で実習生の削除を行ってください。

               また、「データが存在するため削除することは出来ません」というメッセージが表示される

               場合は、下記の手順で削除を行ってください。

   A−2 受入機関に関する書類データが未作成及び、実習生登録が作成済の場合
           受入機関に関する書類データが作成済の場合、【機関マスタ】で削除しようとした時に

           「データが存在するため削除することはできません」というメッセージが表示されます。

           その場合は、以下の方法で削除を行ってください。

          ※ 受入機関の削除を行うと、その受入機関に関する書類のデータも削除されます。
               事前にバックアップを行ってから、削除を行ってください。


           @ 【マスタ保守】を開き、【データ削除(機関関連)】を開きます。
           A 組合・受入機関を選択し、「確認」ボタンをクリックします。
               この時メッセージが2回出ますが、どちらも「はい」をクリックします。

 

 

・ 書類作成に関する質問
    Q 在留資格変更許可申請書(書式10-28)・在留期間更新許可申請書(書式10-26)を
       作成し保存したのに、一部の項目が保存されていない。

    A 在留資格認定証明書交付申請書(書式10-1)が未作成の場合、一部項目が保存されません。

        お手数ですが、10-1を作成してから再度10-26・28の作成を行ってください。

        ※ 2014年6月以降のバージョン(1.10.02.01以降)では改善されています。

    Q 書類やマスタを作成するとき、どのデータを持ってきているのか、どこの項目へいくデータなのか

       分らない。
    A 実習生チャイナくんでは、書類の各項目がどのマスタのデータを使用しているか、

       各マスタのデータが書類のどの項目で使用されているかというデータの繋がりをまとめた

       「データ関連マニュアル」というものを同梱しております。

       「データ関連マニュアル」は、以下の方法で確認出来ます。
       @ パソコン画面の左下のところにあるwindowsのマークが描かれているボタンをクリックします。
       A 「プログラム」もしくは「すべてのプログラム」をクリックします。
       B 「システムアイアプリケーション」をクリックします。
       C 「実習生チャイナくん」をクリックします。
       D 「データ関連のマニュアル(マスタより)」・「データ関連のマニュアル(書類より)」
           という二つのマニュアルがあるので、必要に応じてご利用ください。

 

 

・ その他の質問
    Q マスタの修正を行おうとすると、「現在、他のパソコンで使用中です。」というメッセージが

       表示され修正が出来ません。
    A 実習生チャイナくんでは、一つのマスタを複数の方が同時に修正出来ないように設定を

       行っています。他の方が修正を行っているかどうか確認をしてください。

       他の方が修正を行っていない場合は、以下の方法で設定を解除することが出来ます。
       ※ この時、他にマスタ保守業務を使用している方がいたら一度マスタ保守を終了してから

           行ってください。

       @ 実習生管理メニューの【マスタ保守業務】を開きます。
       A メニュー右上の【排他情報削除】をクリックします。
       B 「排他制御情報を削除します。」というメッセージが出るので、「はい」ボタンをクリックします。

    Q チャイナくんの画面が最小化の状態になってしまい、業務を行うことが出来ません。
    A この場合、以下の方法で元に戻すことが出来ます。
       @ 最小化した状態のチャイナくんを終了します。
           (最小化したチャイナくんの所でマウスをクリックし、「閉じる」でマウスを左クリックします。

           この操作を何度か行っていただくと、チャイナくんを終了することが出来ます。)
       A もう一度チャイナくんを立ち上げます。
       B 実習生管理メニューの【環境設定】を開きます。
       C 【環境設定】を閉じます。(更新や項目の修正は必要ありません。)

       ※ 2011年6月以降のバージョンでは改善されています。